お気軽にお問い合わせください

施術時間帯

AM 9:30〜PM 8:00
(受付7時まで)

定休日

不定休

棒術整体講習料金

90分×6000円(弾突棒付)

リラックス整体料金

45分 2500円
60分 2800円
※保険は利用できません。

弾突棒通販 棒術整体館facebook

弾突棒(だんとつぼう)のコンセプト

私が考案・開発した弾突棒の誕生には大きく2つの課題を乗り越える意味がありました。
1点目は猫背の矯正です、現代人の多くは生活習慣の悪さにより猫背体形の方が増加しています。
猫背が原因の肩こりや腰痛、胸痛を改善するには、猫背そのものを改善する必要があり、施術直後はスッキリと良い姿勢でも、次の日には元通りでは全く意味がありません。
日常的に自分で改善していける器具と方法が必要だったのです。
2点目は施術者である自分自身が手を出せないので疲労を取り除くことができない部位がありました。
それが背中上部です、腰や手足は自分でケアすることはできても、背中上部だけは何ともならないのです。
この2点の課題をクリアする為に、長年考え抜いた末に生まれたのが弾突棒です。
この弾突棒なら2つの課題をクリアすることができます。
使用方法を誤らずに正しく使うことで、大きな効果をもたらしてくれます。
約3年間数十人の方々に協力頂き試作品を正しく使用して頂いた結果が「ダントツ」の効果をもたらす【弾突棒】という表現に集約されることになったのです。

弾突棒(だんとつぼう)の使い方

ご使用前の準備運動※省かずに必ず行って下さい。

1肩幅で立ち、肩幅より広めに棒を持ちます。
2ヒジを曲げずに、頭上へ上げます。
3ヒジを曲げて、頭の後へ棒を下げます。
4ヒジを曲げずに、頭上へ上げます。
5棒を下ろして、はじめの状態に戻します。

※この状態を5〜6回行ってから、初めて下さい。

Page Top

腰の施術

1両足を肩幅に広げて立ち仙骨部に突起を当てます。
(鼻から大きく息を吸う)
2突起部を少し前へ押し込みながら、背中を軽く反らします。
(口を開けて少しずつ息を吐きます)
3ベルトの位置に突起を当てます。
(鼻から大きく息を吸う)

突起部を少し前へ押し込みながら、背中を軽く反らします。
(口を開けて少しずつ息を吐きます)
4可能な限り肩甲骨近くまで上げて突起を当てます。
(鼻から大きく息を吸う)

突起部を少し前へ押し込みながら、背中を軽く反らします。
(口を開けて少しずつ息を吐きます)

※息を吐く時に3〜4秒かけてゆっくり吐き、吸う時は一気に胸をふくらます様に吸い込む。

Page Top

肩の施術(右肩の場合)

1右肩に棒外側の突起を当てます。
2適度な力で突起を押し込みます。
3患部に突起を当てたまま、頭を前後に動かし、首の運動をします。
4突起を当てたまま、左右に頭を動かします。
5
突起を当てたまま、可能な範囲で、首をゆっくり大きく回します。

※反対側(左手)の腕がテコの原理で後ろへ伸びようとしますので、左腕の血流促進になります。
※コリや痛みが小さい場合は、突起のない平面部を当ててテコのように上下に動かすだけで効果があります。

Page Top

首・背中上部の施術

1首のつけ根に突起を当てます。
2大きく吸い込み、反らしながら3〜4秒で吐き出します。
3肩甲骨付近まで下げて突起を当てます。
4大きく吸い込み、反らしながら3〜4秒で吐き出します。

※肩関節の固い方は、肩甲骨付近に突起が届きにくいのですが、繰り返しで楽に当てられる様になります。

Page Top

フクラハギの施術

全身の血流促進で、ヒザ、股関節の痛みを和らげます。
肩コリや頭痛など、上半身の症状にも有効です。

1床に座って、ヒザを立て、棒の突起部を足首に当てます。
2ゆっくりとしぼり上げるように、押しつけながらヒザ裏へと上げていきます。

痛気持ち良い強さで5〜10回程度もみ上げます。
ぽかぽか暖かい感覚になればOKです。

※突起部では痛すぎる場合は、なれるまで平面部を使って行って下さい。

Page Top

お腹・太もも・お尻のひきしめ 「シコワット」

1両足を出来るだけ広げて立ち、つま先を外側に向けて立ちます。

棒を出来るだけ高い位置にあてがいます。
24秒でヒザの位置までお尻を下げていきます。
34秒で元の位置に戻ります。

※5〜10回繰り返します、徐々に回数を増やして下さい。
※ヒザの曲がりにくい方は、決して無理に曲げようとせず、曲がるところまで曲げて下さい。

Page Top